新婦の衣装「和装」「ウェディングドレス」の選び方

Weddingdress

新郎のタキシード選びと違って、新婦のウェディングドレス選びは一仕事です。新婦はウェディングドレスにこだわりがあったり、楽しみにしていますので、ドレスに関しては新郎は新婦の好きなようにさせてあげましょう。

スポンサードリンク

 

1.和装か洋装か

式場を先に決めてあれば式場の雰囲気に合わせるのも1つの手です。式場が神社などの和風の場所の場合には和装が似合いますね。

式場と披露宴会場が別の場所であれば、

・結婚式場

・披露宴

・お色直し

と最大2回衣装を変える人もいますが、衣装を変えれば変えただけ費用もかかるので注意しましょう。「和装はやってみたいけど、似合うがどうかわからないし」という人は、前撮りで和装の写真を撮って、それで終わりにしても良いと思います。

 

2.レンタル衣装屋選び

新郎のタキシードと違って新婦のウェディングドレスはものすごい種類があります。店によって取り扱っているものも違うので、衣装屋もじっくり選びましょう。自分たちの場合は、結婚式場が提携している店で、割引が効いて新婦も気に入ってくれたので、その店にしました。

結婚式場と提携しているところは、割引が効くときがありますが、提携していない店にしたい場合は式場と相談してみると良いです。

 

3.衣装を決める時期

ウェディングドレスは新作が入ってくる時期になると、選べるドレスが増えます。新作を待つか、今あるドレスから選ぶか悩むと思いますが、悩んだらドレスショップのスタッフさんに確認して、予約金を払えば抑えられて、さらに後から新作が出て気に入れば変更できるか相談してみましょう。

気に入ったドレスが同じ結婚式の日に抑えられてしまうと着られなくなってしまうので、そういう説明はスタッフからじっくり聞いて、どうしたら良いか相談しましょう。

 

4.試着

ウェディングドレスは試着するにも、その日に別の人の試着が入っていないか、予約したりして大変です。着られるときに出来るだけたくさん試着しておきましょう。

新郎がついて来てくれれば、写真をお願いしましょう。前、後ろ、横などいろんな角度から写真を撮っておいて貰えば、あとで検討するときの参考になります。新郎が来れないときは、スタッフにお願いして写真を撮ってもらいましょう。

 

5.レンタルの内容はどこまでか

レンタルでどこまで借りられるか確認しましょう。足りない小物は買ったりする必要があるので、早めに確認しておくと良いです。

時間に余裕があれば、結婚式が終わった友達に声をかけて借りると買わなくてもよくなります。うちの奥さんは結婚式のときに妊娠していたので、妊婦用のドレス下着を借りていました。実際に買うと結構高いですし、一回しか使わないものなので、借りられてよかったです。

 

6.試着は楽しい

試着は楽しいと思います。うちの奥さんは自分のお母さんを呼んできて一緒に選んでいました。ウェディングドレスを試着できる機会なんて一生に一度しかないので、試着を楽しんで、いっぱい写真に残しておきましょう。

by カエレバ
SponserLink