披露宴の見送りの際のプチギフトの選び方

DSC 2932

披露宴の最後には見送りのときに基本的に「プチギフト」という小さなおみやげを渡すことが習慣となっています。これっていつから始まったのかわからないですが、友達の結婚式に出席していると必ずもらうので自分たちの結婚式でも渡すことにしました。

いろいろと考えて選んだのでプチギフトの選び方をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

プチギフトの選び方〜その1 予算を決める

プチギフトを選ぶ立場になるまでプチギフトの金額がわかりませんでしたが、実際に選んでみるとなかなか面白いです。今回の結婚式の準備でかなり使っているこちらのピアリーというサイトでもプチギフトがありますが、安いものでは一個131円からで、高いものは400円近くするものもあります。1つ1つの値段は大したことないですが、これが80個ともなると金額の差は大きくなります。例えば1つ131円のものであれば80個で10,480円ですが、400円の物を選べば32,000円になり、20,000円以上の差額が発生します。プチギフトにこだわる人なら良いですが、こういった少しずつの積み重ねで結婚式の費用は増えていくので、気をつけたいポイントです。ピアリーのサイトを見ていてもだいたい130円〜250円も出せばかなりいろんな種類から選べます。

まずは、1つ単位での予算を決めると考えやすくなると思います。

 

プチギフトの選び方〜その2 二人の思い出に関係したものを渡す

一番最初は「二人の思い出に関係したプチギフト」を選ぼうとこだわって探していました。そこで二人の思い出に関する品物でプチギフトになりそうな物を考えました。

・ウコン

二人共飲むことが好きで、よくウコンを飲んでいたため。値段も手頃で良いが渡すのが飲んだあとになることと、親戚関係も来るので却下。

ちなみにこんな感じでラッピングされたものもあります。そういえば誰かの2次会でもらったことがあるような気がします。

 

・キャンドル

プロポーズのときにキャンドルを使ったので、その思い出からキャンドル。値段も手頃だけど、独身の男性がもらっても嬉しくなさそうなので却下。

【プチギフト 結婚式 キャンドルで楽天で検索】

ウェディングケーキ型のキャンドル。見た目が面白くてインパクトがありますね。

ドーナツ型のキャンドル。チョコレートとドーナツの感じがリアルで美味しそう。食べちゃいたくなります。女性に受けそうですね。

スイカ型のキャンドル。面白くて可愛いです。

くまさんクッキー型のキャンドル。可愛いクマさんが良いです。子供が間違って食べちゃいそうですね。

 

・お茶

奥さんがお茶を集めるのが好きなのでお茶。これはなかなか良いプチギフトかも。

【プチギフト 結婚式 お茶で楽天で検索】

・工芸茶

中国のお茶でお湯を入れるとお茶がだんだん開いてきて、花が咲いたようになるお茶です。ぼくが奥さんにあげた最初のプレゼントがお土産で買ってきた工芸茶だったので、工芸茶が有力候補になりましたが、ちょっと予算を超えそうだったので諦めました。

【「プチギフト 工芸茶」で楽天で検索】

 

プチギフトの選び方〜その3 ウェルカムボードにもなるプチギフト

プチギフトを積み重ねてツリーのようにして入り口に飾っている人たまに見ませんか? あれは最初からそうやって組み合わせられるプチギフトとして売っているんです。入り口に飾っておくと華やかでとても雰囲気が出て良いですね。

こちらはツリーのように飾ることができるプチギフトです。おしゃれで可愛いですね。

こちらはウェディングケーキのように飾ることができるプチギフトです。結婚式の雰囲気が出てますね。子供に喜ばれそう。

こちらはシャンパンタワー型のプチギフトです。

こちらはおしゃれなプチバッグに入ったプチギフトです。並べておくと可愛いですね。

しかし、ここで注意しなければいけないのは、たくさん買えばこの飾りがついてくるというわけではなくて、プラスアルファの価格になるということです。

例えば、先ほどのシャンパンタワーの物なら通常は1つ201円で、80個買うなら16,080円です。しかし、シャンパンタワーにして買うと30個入りで9,408円なので、2つ買って60個で18,816円。更に20個は別で追加すると4,020円かかるので、合計で22,836円になり、普通に買うより6,756円高くなります。ウェディングボードがあったり、飾りですでに華やかであれば飾りは必要ないかなと思って、普通に単品で書いました。

 

プチギフトの選び方〜その4 価格で選ぶ

結局それかよと言われそうですが、最終的に価格で選びました。ピアリーというサイトで、安めの価格帯が131円〜200円くらいです。この価格帯の中でも結構選べるので心配ないです。

結局、紆余曲折して最終的に選んだのは、こちらのおみくじ付きプチギフトです。

選んだ理由の一番はやはり価格ですが、決め手は、

・価格が安い

・1つ1つきれいに包まれていて安そうに見えない

・中はおせんべいで無難

・おみくじが付いている

という4点です。

 

・プチギフト費用

おみくじ付きプチギフトが1つ131円で80個注文したため、

131 × 80  =  10,480円

プチギフトは合計10,480円でした。最終的にこだわりを辞めて安く、そして無難なものにした理由を二人で話したのですが、「今まで他の人の結婚式にたくさん出たけどプチギフトはなんだっかなんて覚えていない」からです。

と、いうわけで誰がもらっても大丈夫そうで安い無難なものにしました。もしピアリーで注文するのであれば、もらえるのであればメッセージカードかシールをもらっておくと良いです。ぼくは、2次会のプチギフトをペットボトルのミネラルウォーターにしようと思っているので、そのシールを貼ればちょっとはプチギフトっぽくなると思って、無料プレゼントだったので注文しました。代引きが無料でできるので便利で楽ちんでした。

こんな感じで送られてきました。

DSC 2931

SponserLink