結婚式のあとの披露宴のテーブルに写真をおいてサプライズプレゼント(無料)

DSC 3054

結婚式って普段会えない人と久しぶりに会える機会でもあります。そんな普段会えない人へ、感謝の気持ちを込めて写真のプレゼントっていかがですか?

ぼくは、写真が趣味なのでいつもたくさん撮るのですがなかなかデータで渡しても大量のデータで埋もれてしまうし、見返すことなんてそうそうないと思います。

そこで、結婚式を機会にお気に入りの写真をプリントして渡すことにしました。無料でできる方法なので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

1.最初はプリンターでの印刷を考えた

最初はプリンターで印刷しようと思って何枚か印刷してみました。しかし、最高画質にしてもインクがたくさん減るばかりで、あまりきれいな色が出ません。しかも、何十枚も印刷すると結構インクが減ります。インクが4色あるのですが、1色なくなる度に1,000円にもなるので、きれいな印刷じゃないのに、そんなにコストがかかるのならネットプリントに注文しようと思いました。

 

2.ネットプリントは価格.comで調査

ネットプリントを注文するときに、必ずチェックしてもらいたいのが、「価格.com」です。こちらのサイトの「カメラ」のカテゴリーにネットプリントのカテゴリーがあってこちらで最安価格を調べることが出来ます。

http://kakaku.com/camera/dpe/

Kakaku1

こちらで注文枚数と用紙のサイズを入力すると安い順にサイトを並べてくれます。そして、1番目と2番めのサイトを見ると驚きの価格が表示されていました。

0円

無料です。50枚注文しても無料なんです。どうやら、このときは「エスプリ」というサイトと「ビビプリ」というサイトの2つのサイトが無料キャンペーン中でLサイズの写真50枚なら無料で注文できました。

2つのサイトを比べて、「エスプリ」はなんとなくメールマガジンがうざそうな感じだったので、「ビビプリ」で注文してみました。

http://www.vivipri.co.jp/footer/benefit.html

 

3.ビビプリで注文

Vivipri1

vivipriのサイトへ行くと、最高画質体験コースというサービスが2つあって、1つはLサイズ50枚0円。もう一つはLサイズで100枚まで1枚1円で試すことができるコースです。

とりあえず、Lサイズ50枚0円コースで試してみました。

こちらで、住所、氏名、メールアドレス、などを打ち込んで会員登録をします。作業自体は5分くらいで終わる簡単なものです。入力が終わったら、写真を選びます。写真のアップロードも結構簡単でした。

そして、申し込み。決済画面の金額はちゃんと「0円」になっていました。

 

4.写真到着

土日を挟んでいたので4〜5日で到着しました。日の光が当たらないようにちゃんと銀色の袋に入って到着しました。今までのネットプリントの中で一番丁寧な梱包です。

DSC 3046

裏にはvivipriのロゴマーク。

DSC 3047

袋の口がちゃんと締まるようになっています。結構良い袋使ってますね。

DSC 3048

中に請求書が入っていましたが、ちゃんと0円になっています。0円でも請求書って送るんですね。

DSC 3049a

中には、注文票、請求書、印刷が悪かった場合に知らせるハガキ、小分け用のビニール袋、写真が配送中に曲がらないようにするプラスチックの台紙が入っていました。かなりしっかりしています。

DSC 3050

印刷の状態も文句なしです。と、いうかかなりきれいでした。この写真の中には古いフィルムの写真をスキャナで取り込んで、再度プリントしてもらったものもあったのですが、スキャナを通したとは思えないくらいのきれいな画質でプリントされてきました。

DSC 3055

やっぱりいくら家庭用のプリンターがきれいになったと言っても、業務用にはかなわないですね。これらを、それぞれ、宛名を書いた封筒にいれて披露宴のときにテーブルに置いてもらいました。

DSC 3053

懐かしい写真が多く、写真を見て昔を思い出したと言ってくれて、かなり好評でした。結構手軽にできる友人、家族、親戚へのサプライズなので、おすすめですよ。

今回かかった費用は、

・封筒代  300円

・印刷代   0円

です。300円のサプライズとしては上出来だったと思います。

SponserLink