結婚式が必要か話し合う

結婚式の準備の話なのですが、その前にそもそも「結婚式をする必要があるかどうか?」について最初に考えた方が良いと思います。最近は、結婚式についても多様な形態になってきていたり、そもそも結婚式をしない人も増えています。周りにも結婚式をしない人がいました。では、どんな人が結婚式をしない人でしょうか。

 

・奥さんが乗り気ではない場合

結婚式って着飾って人前に出て大勢の前で誓いをしたり、スピーチしたり生い立ちのビデオを観てもらったりと、人前に出るのが恥ずかしい人はあまり好きではないようです。結婚式は奥さんのものという考えがあるので、旦那さんが目立ちたくないと思っていても奥さんにとっては大事な晴れ姿なので、奥さんがやりたいと言えば結婚式をすることになりますが、そもそも奥さんが結婚式に乗り気ではない場合は結婚式をあげない人もいます。この場合は奥さん次第ですね。

 

・2度目の結婚式の場合

片方、もしくは両方が2度目の結婚式の場合は結婚式を挙げにくいものです。さすがに2人とも2回目の結婚式だと結婚式を挙げることはないと思いますが、どちらか1人の場合は難しい話になります。旦那さんが2回目の結婚式で、奥さんが1回目の結婚式の場合は、さすがに奥さんがかわいそうだと思うので、新郎は親戚や友達に頭を下げてもう一度出席してもらうことになると思います。その場合はさすがに2度目のご祝儀はもらえないと思いますが。

新婦が2度目の結婚式の場合もあります。男友達が初婚で、その奥さんが2度目のときがあったのですが、その場合は、結婚式をして、そのあとに家族、親戚で食事会、そして、友達だけで披露宴という感じでした。男は結婚式をしてもしなくてもどちらでも良いという人も多いため、新婦が2度目なら結婚式を挙げないということも多いと思います。

 

・高齢結婚の場合

最近は、30歳中盤から40歳くらいの結婚も増えてきていますが、40歳近くになると結婚式をしない人も増えてきます。歳を取ると大勢の人をわざわざ集めて結婚式をするのも、、、という人も多いと聞きます。もしくはやるとしてもお互いの家族だけのこじんまりとした結婚式というのも多いと思います。

 

・結婚式のお金がない場合

結婚式はご祝儀である程度はまかなえるとは言え、やっぱりお金がかかります。式場を決めるときに見積もりをお願いして、出席者の人数かける35,000円で計算したら100万円くらいは自分たちで払う金額がありました。そこそこの式場を選ぶとやはりそれなりのお金がかかります。かといってあまり安っぽいと周りの友達の結婚式と差をつけられてしまいます。そんなことを考えるのが面倒で結婚式をしない人も。

今では、いろんなプランがあるので、なるべく安くご祝儀の中で収まるように手配してくれるところもあるので、お金がない場合はそういうところを利用するのもありだと思います。また、初めて知ったのですが「結婚式ローン」なんてものもあるそうです。しかし、結婚の最初からあまりお金に無理をかけない方が良いかと。

お金がないならないなりの式にした方が、後々の生活も楽になるでしょう。最初からあまり無理しているとケンカの元になります。

 

・新婦が妊娠してしまった場合

新婦が妊娠しても結婚式は出来ますが、時期によっては辞めたほうが良いときもあります。つわりで苦しい妊娠初期に結婚式をあげると、妊婦が気持ち悪くて会場にいられないこともあるかも。こういうときは、結婚式を辞めるか、日にちをずらして安定期に入ってからにすると良いと思います。

SponserLink