結婚式を検討する前に準備しておけばよかったと後悔したこと

Beachwedding

 

結婚式をして、結婚式をする前はいろんな妄想が浮かびますが、結婚式の準備をするときには現実と戦わないといけません。実際に結婚式をすることになると結構準備が大変ですし、準備の他にも「事前に◯◯しておけばよかった、、、」と思うこともたくさんあります。

このことは、まだ結婚していない人、これから結婚をして結婚式を考える人にとって重要だと思うのでよかったら参考にしてみてください!

スポンサードリンク

1,貯金をする

結構貯金をしていたと思っていましたが、結婚式をしようと思うと、どんどんいろんな費用が増えていって不安になってきます。本当はお金がなければないなりの結婚式にすれば良いだけですが、実際には周りの雰囲気や、来てくれた人のことを考えるとそれなりのモノにしないといけないと考えてしまいます。そうなってくるとお金がいくらあっても足りません。

式場を見て回るのはまだ早いけど料金が知りたいという方は、こちらを参考にしてみてください。

「みんなのウェディング」

http://www.mwed.jp/

会員登録が必要ですが、会員になると各式場の実際の見積もりを見ることが出来て便利です。例えば、友達の式に出たとしたら、そこの見積もりを見てみると他の人の実際に支払った金額がわかります。

ぼくは、招待客のご祝儀を一人3万円として計算して、式場の見積もりから引いて実際に支払う金額の予想を立てました。これで、貯金がいくらあれば大丈夫かわかります。

しかし、結婚式のあとには新婚旅行があり、さらにお金がかかります。貯金はできるだけしておいた方が良いです。

 

2.今まで結婚式に招待してもらった人の記録

結婚式をするときには、招待客を考えないといけません。さすがに、今まで招待してくれた人は覚えていると思いますが、こういうことをちゃんと記録しておけばよかったと思いました。更に、「渡したご祝儀」などの記録も役に立ちます。

一番記録しておけばよかったと思ったのが、「もらった足代」と「手配してもらった宿泊」についてです。自分たちが足代を払う立場や、宿泊を手配する立場になってみると、結構お金にシビアになるのですが、自分が呼ばれたときに手配してくれた人には手配しないとさすがに申し訳ないし、そういったことで後々お互いの関係に亀裂が入るのも嫌です。

人にしてもらったことをしっかりと記録しておけば、自分が手配するときに楽になります。

 

3.結婚式に参加したときの小物を捨てない

結婚式に参加するといろんなモノをもらいます。「席札」「メニュー」「招待状」「席次表」など。自分たちが結婚式を挙げる立場になるとこういった他の人のモノが結構参考になります。

自分たちの立場になったときにこういったモノを選んでいると、「他の人はもっと豪華だったかな?」とか他の人の結婚式の状況を気にしちゃいます。自分が出席したときのモノをとっておくと参考になるので便利です。

他に、席次表は「誰が誰を呼んだか?」、「◯◯さんのフルネームは漢字でどう書くんだっけ?」というときに役にたちます。ぼくは結構捨ててしまって後悔しましたが、とっておくと便利です。

SponserLink