結婚式が終わった後の片付け、とっておくもの捨てるものすることまとめ

Kekkonshiki

結婚式が終わったあとの片付けは結構たいへんでした。ほぼ一日中片付けをしていましたが、そのおかげで一日でほとんど片付いてきれいになりました。

なんでもかんでも捨ててしまうと、なんだか新婚の雰囲気もなくなってしまうので、それはさみしいです。取っておくもの捨てるものを区別してうまく整理しましょう。

 

スポンサードリンク

 

1.席札、席次表、招待状などの余り

席札や席次表、招待状は多分多めに発注してあると思うので、多少は余ると思います。ぼくは、席次表が10通くらい、招待状が20通くらい余ってしまいました。最初は全て捨てようと思っていたのですが、なんだかそれも寂しいし、今後誰かに結婚式のことを聞かれたときのアドバイスのために1セットずつとっておきました。

 

2.住所録

住所録は大切です。できれば2次会に出席した人の分まであれば良いですが、披露宴の分までしかありませんでした。住所録はご祝儀を多くもらった場合のお礼を送ったり、年末には年賀状を送るリストになったりします。住所録は大切に保管しておきましょう。

 

3.ウェルカムボード

ウェルカムボードはどこか部屋の飾れるところを見つけて飾りましょう。新婚の雰囲気が出るので夫婦が仲良くなるらしいですよ。もらった写真も一緒に飾っています。

 

4.ブーケ

ブーケも持ってきて部屋に飾っていました。しかし、1週間もたつとだんだんとしおれてきてしまいます。悲しいです。ずっと取っておきたい人は早めに押し花に加工して保管しましょう。後から作業すると花がしおれた状態での加工になってしまいます。

by カエレバ

 

5.借りたものを返す

当日に衣装などを返した場合は良いですが、2次会用で借りたものなどは早めに返却しましょう。また、友達に借りたものなどはクリーニングに出すものは早めに出して返却しましょう。ぼくは、2次会用のシャツを友達に借りたのでクリーニングに出しました。奥さんは妊娠中だったので、ドレス用の下着を友達に借りていました。

 

6.電報の整理

電報の整理は早めにした方が良いです。仕事関係の方から電報をもらった場合にはお礼をしなければいけないので、結婚式が終わって初出社する前に確認して、出社したらお礼を言うので必ず確認しましょう。

SponserLink